忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




[PR] |
社労士試験では正解率に注目
再受験生の方で予備校の無料答案診断を受けた方は、もう一度自分の答案を検証してみませんか?


予備校によって設問ごとの正解率は若干違ってきますが、例えば択一式で、正解率60パーセント以上の設問を全問正解できたとすると、とれくらい得点できるでしょうか?


一概にはいえませんが、なんと、7割近くとれることになります!


多くの受験生が正解できている設問がしっかりできていれば十分合格できるということです!!


しかし、多くの受験生は難しい問題に目を向けてしまいがちです。

そして、ここまで広範囲に勉強しておかなければならないのかと不安になるのです。


でも、お分かりいただきましたね。

基本問題は、ミスしない勉強をしていけばよいということが!


「そんなに簡単にいかないだろう」

そう思われたかもしれません。


では、ここで実例をご紹介します。

私が合格したときに、本試験の予備校診断を頼んだ結果がここに載っています。

http://ukarou.com/kouza-moushikomi.htm


これをみていただくと、みごとに正解率の高い問題を確実に正解しているのがわかりますね。


難しい問題は結局実力者でも解けないんです。

正解率の高い問題を確実に拾っていくことで、高得点での合格も可能になるのです。


ちなみに、本試験の択一式で9割取って合格した同期合格の友人の話ですが、試験終了後はどれだけ政界できたか全くわからなかったといいます。

9割取っても、わからないというところも驚きですが、本試験では恐らくとてつもなく難しい問題が混ざっていますから、難しかったという印象が残るのではないかと推測しています。


プロの予備校講師でさえ、本試験の模範解答を作るときは、講師が何人も集まって作るといいます。

マニアックな問題は専門家でさえ、判断が難しいのだと思います。

まして、受験生がすべてわかるということはありえないというわけですね。


基礎的な問題を確実に正解する、そういった問題を確実に拾っていくために、たとえ幅広くなくても、確実な知識を身につける・・・こういう意識が大事なんだと思います。




おおすめの社労士試験通信講座は、こちらをご覧ください。
  ↓
社会保険労務士試験 通信講座 おススメ

PR



社労士試験では正解率に注目 | Comments(0) | TrackBack(0) | 社労士試験 通信講座

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



| 社労士試験を通信講座で攻略 |

ブログテンプレート
忍者ブログ[PR]